> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> バイク関係

FI リトルカブ のエンジンにキャブ用部品を使う 

ご無沙汰しております。
リトルカブのチューニングでどこにも無いので、備忘録としてまたは、同じようなことで悩んでいる方向けに残します。

リトルカブFiはAA02E型エンジンになります。
そしてFIリトルの中にも前期型・後期型があるということ。
明確にどの部分が違うかすべて把握しているわけではありませんが、自分でチューンしていく中で知った事実だなんです。

元々Fiエンジンは従来の水平15度エンジンと表面上は同じですが、内部的にはかなり変更がはいっており
基本的に流用はできない ということになります。
ただ、使おうと思えば使えないことはないです。

うちのリトルカブFIは現在2種化している為、排気量が88cc登録です。
基本的な構造は、クリッピングポイント様の部品で構成していますが、FIリトルに適合するボアアップというと
シリンダーとピストンのみになります。 他ビッグスロットルとかがあります。
SP武川様になるとビックバルブのヘッドがついているボアアップキットなどが有ったりもしますが、値段がずば抜けていたりと
手の届く範囲外の価格帯です。
基本的に他社製品との組み合わせはできないのです。 当たり前といえばそうですが・・・
安価チューンを望む自分としては、ボアアップキットで組み上げる気が起きずいろんな部品を組み合わせてチューンしていく
思考です。

さて何が言いたいかというと、適合しないんだな・・・で諦めず基本的に部品は共通であること、改良されているといえど、
見た目が大きく変わらない限り実験する価値があるということ。

クリッピングポイント様の製品で、
・88cc用ボアアップキット(シリンダーとピストン)
・ビッグスロットル
を使用。

SP武川様の製品で
・Rタイプ ビッグバルブヘッド
を使用。

基本的にココまではポンで付きます。
これだけだと、圧縮がかなり低いため、低回転のトルクがスカスカでまともに走れません。
じゃあ圧縮を高めるためには?と凸ピストンを使うことが簡単に出てくると思います。
ただSP武川純正のピストンを注文すると高い。(言うほどでもないかもしれませんが…)
そもそも88ccのシリンダーで使えるピストンならキャブ用でも良いのでは?(クリッピングポイント様のピストン)
買いました・・・
キットのピストンと比べるとピストンピンからの高さが若干違います。
でも付かないわけじゃなさそう。
実際に組み込むと普通にキックすることも可能で、バルブとの干渉もなかったです。

ただし、実際にエンジンを掛けると数秒でエンジンが止まり、その後エンジンがかからなくなります。
なぜ?圧縮漏れもない、バルブの調整も終わっている・・・
たと言って、キックすると普通に圧縮もあり、特に金属干渉がしている音もしません。

点火できていない?正解でした。
プラグを見ると、先端が僅かに干渉している。
実際大問題になってもおかしくないくらいの事象ですが、干渉自体はかなり僅かなようです。
どうする? プラグを若干後ろに引っ込めればいいのでは? でもどうやって?
ワッシャーを噛ませました。
その後何事もなかったようにエンジンは快調に回ります。
圧縮もかなり高くなってるようで、キックペダルの上に自分が乗れるくらいになりました。
体重がかるすぎるっていうのもあるかもしれませんが・・・(60kgきってます)
低回転・中回転のトルクが出るようになり、逆に高回転が苦しい感じになります。
あと純正インジェクターでもなんとかなります。(大容量インジェクター入れてセッティング出すほうが良いと思います)
  • 2017.03.13 23:24 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://hawawaawawa.blog58.fc2.com/tb.php/521-3f89fdd9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。