> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> bar

120Hzなディスプレイで動画を見る!! 

ども~亀更新な副管理人barでございますm(__)m

最近はだいぶ暖かくなってきたようで起きて布団から出られる様になるのが早くなって来ましたw
早く、過ごしやすいくらいに気温が上がればなぁとも思いますが今回の冬は一度もCPUの限界OCを試さなかったので何だかもやもやしつつ暖かくなっていくのを感じてます。

しかし、年々弱くなってる気がする自分の体には、暖かくなっていくのは良い事ですwww

XL2420T.jpg
今回話題にするBenQのゲーミングモニターXL2420Tですが...話しは遡ると2月に...
タッチセンサーがまったく効かなくなりまして修理に持っていきまして...そして交換という形ですぐ帰って来ました。
戻って来て、今度はなかなか電源が入らず初めにつけた時はどうやったんだっけ?とかやってたり
接続端子を変えたり、モニタと繋ぐUSBの位置を変えてみたり色々とやってみている内にピッと音がして電源が入りました...
ボタンがタッチセンサーなのは恰好良い気はしますが...やっぱり物理ボタンがいいなぁと思ってしまいます。
現状、仕様なのかまた故障なのかタッチセンサーの電源ボタンがまったく効きませんし...
(入力が無ければ自動で電源が落ちるのでまぁ問題ないかwと妥協しちゃいました...)

何だかここしばらく、ハードウェアの障害にあたる事が多いような気がします...
初期不良なSSDとか、再起動前に普通に使えてたのに急にフォーマットを要求してくるHDDとか、初期化をしたらずっと繰り返す様になってしまった無線ルーターとか...
こういうトラブルが起きて対応力を養っていくのも自作PCの醍醐味でもあるかもしれませんが...自分、出来ればしばらくは沢山ですw

それで、話しは戻りまして今回のメインであるXL2420Tの性能面の話しになりますが...
このモニタのウリはリフレッシュレート120Hzとかの高速な画面書き換え能力や高速な画面応答性能でございます。
つまり...遅れずにかつ滑らかに画面の表示が出来る...

それじゃ、静止画の方はというと何だか白っぽいというか色味が薄いというか自分好みに色々と調整してみても何だかそんな感じです...
CX240には言うに及ばずRDT-233WX-3Dよりも何だか白っぽくて見難い...
静止画をじっくり見るタイプのモニターでは無いというのはよくわかります。

静止画の方はこれくらいにして動画の方ですが...
120fpsの動画を用意して60Hzと120Hzそれぞれのモニターで再生してみました...が
(動画をaviutlで120fpsフレーム補間してみました...)
違いをどう伝えてよい物か...画像では何が違うのかわからないし...動画を直撮りであげてもたぶん違いが微妙過ぎるしで...
とりあえず...見た感覚で言ってみるとパッパッと切り替わってた場面が早送りの様に繋がる感じです...(ニュアンスが意味不明かなぁ...)

特に動きの速い画面で違いを感じますが...自分の認識能力の限界か?動体視力の限界か!?あまり大きな違いは感じられず
期待に反して、60fpsと120fpsの違いは「違いを見極めるぞ!」と目を凝らすとわかる様な感じでした。
しかし、動画自体...フレーム補間はしてあってもnulフレームの挿入で作ったものだし...2D系では画面の切り変わり方が早いだけで違いが分かりにくいかも...

より120fpsらしいものが見たい!そこで...

この動画をお借りして検証
動画は120fpsでキャプチャなのか直接出力なのかは自分にはわからないのですが、リアル120fpsという事なのでいったいどうなるのか...?
それで見てみるとCX240で見るのと比べて動きが繋がり、逆に違和感を感じるくらいうねうね動きますw
うん、さすが120Hz!!
こんな感じになるんだと感心w

しかし、冷静に実用面を考えると120fpsの動画って実験的に作ったものじゃないと無いよなぁ...現実ではありえ無いよなぁとか思ったりしてます。
ニコベンチを再生する時のフレーム飛びの確認に使えるかなぁーと思ってたんですが自分の目でそれが判断できるかはまったく自信なしw

それで今度はゲームの話しに行ってみたいと思うんですけれど違いがわかりそうなPCゲームを持って無かったり...w
そんな訳で代わりにMMDをやってみたけれど...
MMDマージナル 2   MMDTWINKLE.jpg
フレームレートが120fps以上出てるのに他のモニタとの違いがいまいち分からなかったです。
(カメラの動きが滑らかかなぁとたまに思ったくらいで...)

今の所の結論としまして...

120fpsの動画、ゲームでも動きの速いものじゃないと120fpsの効果は感じにくい、気付きにくいというのが色々とやってみて思った事でした。

~ちょっと脱線~
今回の120fpsのもう一つの副産物が3D VISION2です...
3DVISION.jpg
とりあえずのMMDで試してみましたが結構、飛び出し感はあります。
飛び出し感ならTryDef 3D+RDT233WX-3Dもありましたが残像感というかゴーストというかクロストークと呼ばれる現象がよくあり...
モニターから頭を引いたり等をして視聴位置を移動してちゃんと見えるように調整してたんですね。
3D VISION2だとそういう手間は無く安定...何を見るかによるんでしょうけれども、飛び出し感、奥行き感とも良好
しかし、チラチラと微かな早い点滅のようなのを常に感じたりw
欠点ばかり言ってしまったけれど画面から飛び出して見えると立体感が更に増して見ているのが楽しいのは確かです。

とりあえず、対応しているのは3D VISION+XL2420Tを使用してそれ以外はTryDef 3D+RDT233WX-3Dを使う
結構これで画像、動画、ゲームの大部分が3D対応出来るんじゃないでしょうか...
しかし、3D視聴はやっぱり目が疲れるのでオプションの一つと考えて遊んでいきたいとは思っております。

今回のまとめとしまして、動画オンリーな自分の用途ですと肩透かしをくらうかもしれませんが...
接続端子も充実!動き重視で個性的な面白いモニターだと思いますので120fps、高速応答性能という言葉に興味が湧いたら使ってみるのも良いのではないでしょうか。
今回はこの辺で...ではです~
  • 2013.04.17 02:28 
  • Comment : (2) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

120Hzってあんまあんまなのねえ。。。
まあ一般的じゃないから、そこまで合ったものがでてきてるわけじゃないということなのだろう。。。ね。

とりあえず、私はできるなら120Hzより先にマルチにしたいもんです。

まあおく場所ないんですが・・・

>ここたんb様

マルチディスプレイは良いですよ~
作業がしやすいです。
置く場所が確保できましたら是非(^^)

この120Hzなモニターは反応速度が速いので細かい操作を必要とするゲームの良い味方になってくれるとは思います。
とりあえず、自分は3Dのモニターとして良い遊び相手になりそうです...w
  • 2013.04.17 23:24
  • URL |
  • bar |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://hawawaawawa.blog58.fc2.com/tb.php/489-5d8d2fce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。