> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> SquareRoot

Intel330の使い道 そしてU24Eとともに(9/1拡張済み) 

どうもSquareです。
梅雨入りもし、普段の日常がかなり面倒くさく感じます。
ホント雨って嫌いです。 はい。

さて本題に行きましょう。
前に少しだけ話したと思いますが例のSSD「Intel330」の使い道について
準備が整ったのでそろそろネタを話そうかと。



7/2に記事の内容を少し編集。

9/1に記事の内容を少し編集。

9/10に記事に内容を少し編集。
少しおさらい
Intel330はSATA3のSSDです。
コントローラーはSandForce。
購入したものについては120GB


これをモバイルpcに搭載するつもりで購入したわけです。 ・・・が
自分が買おうとしているpcには少々問題があり
一部のロットではSATA2までの動作しかしないという状況を抱えています。
ですが一部の製造ロット以降はSATA3が通常通りに動作するのです。※1
ここまで来ればピンっとくる方も知るのではないでしょうか?
そう「ASUS U24E」です。
2012-03以前のものではSATA3が動作しないという問題を抱えています。
実際は動作してもおかしくはないのですが・・・
これ以降の製造ロットですとSATA3が動作します。
実際SSDに載せ替えないのであれば全く関係のない話ですが、載せ替えて体感速度等を上げたい場合など必須アイテムです。
初期搭載では日立製の2.5inchHDD 750GBが搭載されています。
容量が必要である場合などではSSDに載せ替えるのは得策ではないでしょう。

さてここでU24Eの交換できる部分やメリット等を簡単にまとめてみましょう。
・低電圧版ではないCPUを搭載(i5 2430M) i7にも載せ替え可能らしい。
・2012-03以降の製造ロットでSATA3のSSD搭載可能 以前のものはSATA2のSSDが動作する。
・メモリの増設可能(初期4GB) スロットが2つあるため最大16GBまで搭載可能。
・無線LANのチップは交換可能。 製造ロット04以降で少し仕様の変更あり。
・バッテリー管理が簡単に行える。 設定を煮詰めることで動作時間の引き伸ばしが安易。
・コストパフォーマンスにはかなり期待できる。 価格等性能等から見てかなり良品
等々いろいろメリットはたくさんあります。 ほんの一部ですがとりあえずこんな感じですね。


今後この商品を買う際は、SATA3動作するのかな?等の心配は殆ど必要ないと思いますが
一応知識等で知っておいて損はないでしょう。
もし載せ替える際にSSDを購入したあとで動作しないという事にならなくて済むからです。
一応動作するSSDを記載しておきますがリアルタイムでの更新は無理なので、
最新情報の実際に動作確認されているSSD等は2chのスレで公開されていますので検索をするとみることができます。
現在この記事を作成した時に動作したという報告のあるSSDは以下のとおりです。
・Intel 320,330Series X25-M
・SiliconPower SP256GBSSDE25S25
・Corsair CSSD-F(120,240)GB3-BK
・Crucial RealSSD C300,C400(m4)
・Plextor PX-256M2P
・Samsung MZ-7PCSeries
・東芝 HG3 Series
※SATA3のSSDの動作確認は03以降のものです。

さてここで少しU24EにてのSSDについてまとめてみよう。
SSDにするメリットとしては
・OS起動の高速化が得られる。
・アプリケーションの起動、動作高速化。
・衝撃耐性。
・消費電力の少なさによるバッテリ駆動の長時間化
・軽量、静音
少なからずこの事は得ることが可能である。 もっとメリットはたくさんあります。
モバイルpcとしてはバッテリ駆動の長時間化、軽量化はかなり大きいメリットだろう。
起動の高速化などもストレスを感じなくなるほどの速度になる。
ちなみにこの記事を書いた時の起動速度は「18秒」ほどである。※2


デメリットは
・容量の少なさ。
・各会社のコントローラで得意不得意が明確に別れる。※3
・物によっては言うほど体感速度を実感できない。
・2012-03以降でないとSATA3の実装ができない点。※1
・現在大容量のSSDの動作報告がない点について実装するには人柱、リスクを伴う。

すでに言ったように今後購入するならほとんど03以前のロットを引く可能性はかなり低くなるが、
在庫の具合によるので一概には言えないのである。
動作報告があるものについての実装はメリットとして得られるものは大きいが、確認されていないものについては
かなり大きいリスク?を伴うことになるので注意してほしいところ。

SSDの話はこのあたりで終了して、U24Eを使った感じの内容を話していこう。
まずすぐに行ったのはSSDに載せ替えるための下準備。
出荷時状態に戻すためのリカバリディスク。 
これを取らないと載せ替え後話にすらならないのですぐに取る。
リカバリディスク作成後、裏面のカバーを外しHDD→SSD メモリ4GB→8GBに変更。
メモリを挿す際は奥まできちんと差し込むのがコツ。 でないと認識しませんよ。
さてこれでスペックアップの準備は完了。
裏側のカバーを閉じ電源をON。
ここでさっき作成したリカバリディスクで出荷時の状態に戻す作業をする。
時間がかかる作業なので余裕のあるときにこの一連の作業を行うことをおすすめする。
まあ多分2時間~3時間くらい。
今まで使っていた状態に戻すのはその時に別途にリカバリディスクを作成しておいてください。
私は出荷時状態に戻して環境を一からきちんと整える方針で行いました。
初回でSSDの速さを実感できますよ。
IntelSSDなのでToolBoxでSSDを最適化。
これにより更に体感速度、特に起動時がかなり早くなります。
一応現状 私の環境下での起動速度は起動ボタンを押してから18~20秒で完全に起動します。
次に要らないサービスやスタートアップ等を切っていきます。
メモリの節約やスタートの速度上昇、バッテリ駆動時間の上昇等が見込めたりします。
さらに空き容量を増やすため使わないソフト等を削除していきます。

ここで余談。
出荷時状態に戻すためのリカバリ領域がSSDの一部に作成されています。
必要なければ削除してその分の領域を解放するのもひとつの手です。
ただ開放しても「Dドライブ」として解放されます。
※削除するとリカバリ領域がなくなるのでリカバリディスクがないと環境を戻せなくなります。
  ですので削除する前にきちんとリカバリディスクを作成しましょう。
ただ注意して欲しいのが手当たり次第にサービスの停止、ソフトウェアの削除を行わないように。
必要なサービスを停止させるとWindowsが正常に起動しなくなったりしますので十分にご注意を。
ソフトウェアも関連付いてるものがあったりと色々面倒な事がありますので同じく注意してください。

これで空き容量の確保、起動速度の上昇などが少し生えられると思います。

カスタマイズは人それぞれですので一概にこれが良い設定だと言いがたいものがありますので、
細かい設定等は各自調べつつ行なってみてください。
一応こんなことをすればいいのでは?という感じで紹介はしましたが、色々と煮詰める部分はたくさんあるので
詳しい方などに聞いてみるのもひとつの手でしょう。

ただ正直カスタム性の高さを活かすのは知識がある方でないと結構難しいかもですね。
普通のユーザーがいきなりこの作業をするのは少し戸惑う部分が多いかもしれないです。
友人に詳しい人がいる、U24Eを持っててカスタムしている友人が居ればカスタム(スペックアップ等)を頼むのもひとつの手だと思います。
結構カスタム性がすごいので玄人には面白いモバイルpcだと思います。
おおよそ5万くらいの価格で購入できますし、これだけ遊べるpcだとすればいい買い物になるでしょう。

現在は外出用、家内移動用としてかなり活躍しています。
バッテリーが長持ちするので外出先でも心強いパートナーです。
家内では少しメインから離れる場合などに使用しています。
本当にいい買い物でした。
このモバイルpcは結構おすすめできるのでぜひモバイルpc購入を検討している方は
選択肢に含めてみてはいかがでしょうか??



※1 SSDのSATA3 SATA2の動作について。
   動作については2012-03が境目です。 03以前の場合はSATA2のSSDのみが動作します。SATA3は動作しないので諦めてください。
   実は03でやっとSATA3は動作するのですが、まだ完全ではないようです。
   よするに動作はするがSSDの選択肢がまだ狭いというわけです。
   04から一気に選択の幅が広がるので出来れば04移行が好ましいですね。(m4等の動作確認がとれているため。)
   ですがpc本体の裏側のみにしか刻印されていないので確認できないのが痛いところです。
   (参考 2ch U24Eのスレにて)

※2 あくまで私の設定している環境下での起動速度です。
   シャットダウン後 電源がoffになっているのを確認後 ボタンを押し起動させてデスクトップ表示までの時間計測です。
   おおよそ18~20秒での起動が最速の限界と思われます。

※3 Intel330 120GBにはSandForceのコントローラが搭載されています。
   大きいサイズのデータのやり取りは得意ですが、小さなデータのやり取りは不得意です。
   (CrystalDiskMarkで計測、attoDiskMarkでも計測したデータより)
   おすすめはMarvellコントローラかもしれませんね。(友人の測定データより)

7/2追記
現行スレにて「外箱で製造ロットを確認できる」ということができるようです。
ただまだ100%の保証は出来ません。
確認方法は外箱の
「S/N:C○Nxxxxxxx」の記載の所。
○の部分に製造ロットの月の部分の数字が入っているようで。
店舗で買う時の製造ロットの判断に使えますのでこの方法どうですか?



9/1追記
個人的にSSDの動作検証を行いました。
今回動作の確認を行ったSSDは「OCZ Vertex4 128GB (ver.1.4)」です。
U24E自体はロットが04です。
U24EのBIOSは207です。
 BIOS上でのSSDの認識も確認しました。
 リカバリをかける際もきちんと認識されておりリカバリディスクで復帰させることも可能でした。
Vertex4の性能を考えると恐ろしくスペック向上です・・・
価格も最近下がっておりますので爆速U24Eに育てるのであれば おすすめできます。
ですが初期購入の場合Firmwareが1.3の事が多いです。 ですから動作する環境下でまずFirmwareUpdataを行なってからの実装をしてください。
Firmware更新の際中身が消されますので"必ず"搭載前に行うこと。

9/10追記
メモリの動作。
DDR3-1600のメモリがU24Eにて動作する。という情報をいただきました。
情報を提供していただいた「銭湯人」さんどうもありがとうございます。
今回確認がとれたのは「Transcend JM1600KSH-8G」です。
銭湯人さんのpcは03ロットです。
このロットでの動作が確認できたということは以降の物も動くのではないでしょうか?
また機会があれば、自分の方でも確認したいと思っています。
改めて情報提供をしていただいた銭湯人さんどうもありがとうございます。

comment

ノートPCこそSSDって思ってたけど…

なかなか普及しない現実…w

最近、安いから…わたしもそのうちそろえたいっす…orz

  • 2012.06.24 20:39
  • URL |
  • ひいらぎ |
  • edit |

Re: タイトルなし

>ひいらぎさん

ですがやはりSSD搭載のノートpcは増えてきてますねー。
ただ搭載しているSSDは微妙なものが多いですがw

でもSSDを搭載する利点の大きさはやはり「速さの体感」ですねー
反面容量を犠牲にすることになりますが・・・でも犠牲にしてまで交換して得るものは大きいと思います。

欲しいと思った時が買いどきですよ!ひいらぎさんw
  • 2012.06.28 22:33
  • URL |
  • Square |
  • edit |

こちらもu24eユーザーです

こんにちは。

U24EのSSD換装の方法で
いろいろと検索していると、こちらのブログに出会いました。

非常に参考になる情報が記載されてあり、嬉しいです。

また新しいSSD情報や他のU24Eに関する情報が出たら、
更新して下さい。
楽しみにしています。

ちなみに、製造ロット(年月日)は、どのようにすれば、知ることができますか?

こちらは6月初旬に購入したのですが…
SATA3が載せれるのか心配なので。
  • 2012.07.09 20:39
  • URL |
  • ham-jumbo |
  • edit |

Re: こちらもu24eユーザーです

>ham-jumboさん

お初になります。
今回は当ブログを訪問して下さりありがとうございます。

現在の流通している製造ロットは 3~6 になります。
6月始めということは結構最近ですね。
購入店舗の在庫状況等によって確実に最新の製造ロットが記された物が手に入るというわけではないので
予めご了承ください。

製造ロットの確認方法ですが
U24E本体を裏返すとシールが貼られているところがあります。
それの上側「ASUSのモデル等」が書かれている所に「MFD/製造日期/制造日期/ : 2012-xx」の部分の
xxに当たる部分がその本体の製造ロットとなります。
  • 2012.07.10 00:04
  • URL |
  • 軽量ふらいほいーる |
  • edit |

ありがとうございます。

素早い対応、ありがとうございました。

本体を見て見ると
2012-05と書かれてありました。

ってことは、SATA3がOKってことですよね。

Intel 330 以外に、520というのもあるようですが、どのように違う物なんでしょうか。

またおすすめのSSDがあれば、教えて下さい。

元のHDDが750GB(とは言ってもCドライブは250程度ですが…)ありますが、
いろんな記事などを見ていると
「元のHDDよりもSSDが大きく」なんて書いてあるのは、
どういうことなんでしょう?

ド素人なもんで、すみませんが、よろしければ、教えて下さい。
  • 2012.07.10 22:33
  • URL |
  • ham-jumbo |
  • edit |

>>ham-jumboさん

>>ham-jumboさん

2012-05でしたらSATA3のSSDを搭載できますね。
intel520はSandForceのコントローラーが搭載されていまして 330より新しいものとなります。
どっちかというと大容量のファイルを読み書きするのが得意なコントローラーです。
かと言って小さいファイルの扱いが下手というわけではありません。
現状どのSSDでも体感速度は実感できます。


おすすめのSSDですが、価格の安さで安定性→Intel330、520 SSDの全体的な性能の高さ→PLEXTOR M3P
他は Crucial m4 とかですね。
すべて容量は128Gbです。 256Gbも動作すると思いますが絶対とはいえないので申し訳ないです。

元のHDDより大きく・・・というのは メリットのことでしょうか。
容量を犠牲にする代わりに速度や快適さという大きなものが得られるということだと思います。
容量は確実にHDDより小さくなりますので、HDDよりも大きくなんてことなはないです。
  • 2012.07.11 05:04
  • URL |
  • SquareRoot |
  • edit |

U24EのSSD化について

こんばんは、Proshi iX25と申します。

以前、実はU24Eを使っていて事情により売却したのですが、もう一度使うことになり、今度はSATAⅢのSSDを換装しようと考えている者です。


これらに関する記事を検索していてこのページにたどり着きましたので、お聞きしたことがありまして・・。

この機種は最近、2012-07-27の日付でBIOSが更新されてますが、これを適用すればSATAⅢ問題は解決するのでしょうか?
あと、製造ロットは実際に教えてくれるのでしょうか?

Re: U24EのSSD化について

>Proshi iX25さん
初めまして、訪問コメントありがとうございます。

現在BIOS適応で大きく変わったという報告が無いため、新BIOSの適応でSATAの変化は特に無さそうです。
現在流通しているものであれば、おおよそ初期ロットに近いものを買うことはほぼないと思います。
店舗の在庫の動きによるので一概には言えないのが残念です。
そして製造ロットが新しい=SATA3のSSDが動作するというのは間違ってはいないのですが
100%SATA3のSSDすべてが動作するわけではないのでご注意ください。
一応最新のものでは、有名所のみで申し訳ないですが「m4(c400)」や「Intel520,320」は動作します。

一応製造ロットの確認方法はあるにはあります。
店舗などで製造ロットを選ばせてくれそうなのであれば

外箱の側面 Infotec の方のシールに「S/N:C○Nxxxxxxx」と書かれている部分があります。
この丸印の部分に書かれている数字が製造ロットということになります。
一応数人にはこの方法で確認が取れていますのでほぼ正確な方法だと思われます。
(自分も照らしあわせたところ同じでした)
  • 2012.08.14 22:42
  • URL |
  • Square |
  • edit |

3月製造版U24EのSSD換装について

初めまして、数少ないU24EのSSD換装情報として参考にさせていただいております。
私はU24Eの魔の2012-03製造の赤色を所有しています。S/N:C3Nxxxxxxxです。
このマシンにSSDを換装した結果は下記のとおりとなっております。

以下、全て容量128GBのSATA3.0(6Gb/s)対応のSSDにて、
Windows7標準ドライバー及び
IRST 10.1.0.1008ドライバー(2010/11/06 U24Eデフォルト)と、
IRST 10.8.0.1003ドライバー(2011/10/17 Intel提供)で、
BIOSのバージョンは206で隠しパーティション&Windows7HP64Bit(プレ搭載→TrueImage2010HOMEでイメージリカバリー)の2パテで試した結果です。
後に隠しパーティションを無くして、先頭パーティションにWn7だけにしても、またDSP版のWin7Proをクリーンインストールしても結果は同じでした。
先頭パーティションのアライメントは1,048,576です。
※CrystalDiskMark3.0.1c、AS SSD Benchmark、ATTO Disk Benchmarkで実施し、IRSTのSata転送率も確認

私の機種ではm4(ファーム:000F)とM2P(ファーム:1.09)が、何をどうやってもSATA2.0(3Gb/s)並の速度しか出ませんでした。
共通なのは Marvell 88SS9174-xxxxコントローラーっていう事なんですが、えっ?コントローラーを判断されているの?と疑いつつ
同じMarvell 88SS9174であるC300(ファーム:0007)を搭載したら何と!SATA3.0(6Gb/s)並の速度が出るではありませんか!
それに管理人さんと同じVertex(Everest2<Marvellカスタマイズコントローラー>ファーム:1.5)もSATA3.0(6Gb/s)並の速度が出ました。
あとサムスンの830(<自社製コントローラー>ファーム:CXM03B1Q)もしっかりSATA3.0(6Gb/s)並の速度が出ています。

どうやらコントローラーは関係無しのようです。因果関係は全くわかりません。非常に不可解で謎です。

後はSandForce系コントローラーですが330かASX900を買って試してみたいのですが、
ここんとこのSSDの値下がりで購入をためらってしまっています。
※どうも私が買うと値段が下がるし、買い過ぎて不良資産化してしまうし

この3月製造版は非常に不思議です謎です魔物です。
※3月製造で私の機種だけが変なのかもしれませんが
製造月でSSD本来の威力を発揮できるかいなかのPCっていうのも珍しいですよね。

いずれ私のマシンはCPUの換装も手がけたいのですが、
その前にSSDの512GBに換装できずに今、HDDで運用しています。遅いです。
※VBXのGuest容量過多の為512GBはどうしても必須なので

これからも改造ネタで、いろいろとご参考にさせていただければと思っております。
宜しくお願い申し上げます。
  • 2012.09.06 19:15
  • URL |
  • 銭湯人 |
  • edit |

>>銭湯人さん

初めましてブログ管理人のSquareです。
今回はブログ訪問、コメントありがとうございます。

とても面白い情報有り難うございます。
3月ロットかなり当たり外れの境目みたいですね。
U24Eは遊び人に渡すと面白い機種に化ける製品だと思ってます。
実はCPUの交換についても同じく検討しています。
G2ソケットなので、ソケット上の話で言えばmobile版ivyが載せられるという・・・
まだホント行うかどうかも未定の状態ですので過度な期待はしないでくださいねw!


これからも面白い改造ネタを提供できるように頑張ります。
こちらこそよろしくお願いします。
  • 2012.09.06 20:32
  • URL |
  • Square |
  • edit |

DDR3-1600が動きました

銭湯人です。
Squareさんご返答ありがとうございます。

>U24Eは遊び人に渡すと面白い機種に化ける製品だと思ってます。
はい!遊び心大切ですよね!
私の3月物はだいぶ遊ばせていただいてまして、これからも遊び続けていきたいなぁ~と
あ、しかしこれ一応仕事用なんですが、仕事用でも改造できないPCはつまらないと思ってます。
目指せCPU換装!で頑張りましょう!※安くなれー2860QM

で、その前の遊びなんですが、
コネコネットのレビューにU24EにDDR3-1600のメモリ換装された勇者の方がいて、
遊び心が沸いてきて、TranscendのJM1600KSH-8Gを2個買って私のU24Eに換装しました。
もうあっけなく、あっさりBIOSで認識し、何の設定もせずに1600でWin7とXP(デュアルブートです)で動いちゃいました。
それとVBXの16個あるGuest君達も問題なく起動できています。
※一応、Memtest86+で10Passまで回す予定です

以前はSilicon PowerのSP016GBSTU133N22(DDR3-1333)で16GB運用していましたが、
ベンチは若干増し程度で体感は変わらずです。
運用ではRamDiskに8GB割り当ていてますが、
何で1600動いちゃうのってASUSも遊び心充満なんでしょうか。

PCの改造って楽しいですよね。
改造する度に余ったパーツが不良資産化してもこの遊び心は止められません。
  • 2012.09.08 21:13
  • URL |
  • 銭湯人 |
  • edit |

Re

>銭湯人さん

ぜひ自分より早くCPU交換したならば教えていただきたいです。
なんか逆にお願いする形になってしまってすいませんorz

DDR3-1600が動作・・・oh いい情報をいただきましたw
実際1333から1600と体感速度は言うほど感じられないでしょうねw
でもなぜか交換したいという意欲をそそられます。
今度機会があれば購入してみたいと思います。

自作pcや改造…これはもう没頭してしまうとやめれませんよね。
とてつもなくお金がかかりますが楽しくてやめれません。
  • 2012.09.09 03:37
  • URL |
  • Square |
  • edit |

SSDに換装しました

銭湯人です。
その後、換装したメモリーで毎日問題なく過ごしています。
私が買った時は2,980×2ですが、ちょっと下がりましたね。

あと、もうどうにもHDDの遅さに我慢できずに先月末にVertex4の512GB(IntelのNAND版)を買い換装しました。
デスクトップPCでのベンチには及びませんが、快適で満足しております。
私の機種の場合、SATA3.0(6Gb/s)並の期待できるのが、Vertex4か830しかないので値段でこれにしました。
33,780でしたが、年末にはもっと安くなるんでしょうね。おそらく830も・・・(笑)
この機種に2つのSataコネクタがあればSSD128GB&HDD750GBで十分運用できるんですけどね。※そうできたらSSDは830にしました

後継のU24Aが安くなってきましたね。
しかし、これってGPTなんですね。※うちのATI2010じゃ使えない
うーん、ま、いいですかね。

さあ次はいいよCPUです。
2860QMはまだ高いから、2670QMあたりが1万以内で見つかったら遊び心が沸いてきます。
あ、これすると本体価格<改造費になってしまいます(笑)

それではまた。
  • 2012.10.05 20:27
  • URL |
  • 銭湯人 |
  • edit |

Re: SSDに換装しました

> 銭湯人さん

返事遅くなり申し訳ありません。 OCZはFirmwareの完成度結構いいですから今後伸びる可能性も

CPU交換ぜひ行った時には色々聞かせていただけたらと思います!!
  • 2012.10.16 01:35
  • URL |
  • 軽量ふらいほいーる |
  • edit |

直感を信じて一年過ぎた結果・・・

はじめまして。

たまたまZENBOOKのキャンペーンでカタログを貰って見かけたU24E。
調べる内にこれは改造しがいがあるな、と

その時のカタログにはZENBOOKのキャッチコピーに
「直感を信じるか?」だったかな。【苦笑)
で、まさに直感的に購入を決めたのですが、売れ行きが良くて赤モデルがなかなか購入出来なくて去年のGWに購入したわけです。

ちなみに3月製造でSATA3SSDが使えちゃうのでPX128M2Pを流用(メインはM3Pへ)、メモリはポイントで4G足しましてもう1つやりたかったこととしてIntelの無線モジュール(6230)交換も同時にしました。

モジュールは5GHzを使いたかったのとWiDiを使ったデュアルディスプレイ化を考えたのもあります。
(TVもちょうどFullHDパネルを選んでましたから)

そして1年過ぎた先月。
何気にビニールパックに入ってぶらさがってたi7 2670QM.
12800円って…気が付いたら購入してせっせと換装しました。

今は年末に安売りしてたIntelの335を載せてますが、
(思えばあれからパーツ価格が円安で上がりだしたんだなぁ…)そのまんまクローン化したせいでプチプリを久々に味わいました。

IntelのSandforce系はMSのドライバを使用し、LPMをカットするのが良いみたいで今は何とか大丈夫そうですが速度的には(ベンチ上ですが)イマイチですね。

まぁM2Pはそんなことなかったので面倒臭かったですけど容量増えたのでまぁいいかと。
使用感覚ではあまり差を感じませんしね。
(M2Pはメインマシンのシステムクローンに戻って保管されています。U24Eは中古の520の120Gにクローン化してあります。)
基本的にPC1台に付き1つのシステムクローンを作成してあるので、万一何かあってもすぐ交換出来る体制になってます。
なんかHDDやSSDって死ぬ時には死にますし、これDO台というデュプリケーターを購入してからそうしてます。
初期投資は高かったですが、
一回真面目に死んだ時には新品購入して夕飯食べてる間にコピーして元通りってのを経験してますから私にとっては高い買い物じゃなかった気もします。
(PC一台だけなら買っても割高かなとはおもいますけどね)

ともあれほぼ1年かかりましたが(Ivy出回るまでCPUが高かったですからねぇ)
最初の目論見通り、持ち歩きにも、デスクトップの代替にもなるというとんでもマシンに化けましたよ、U24E。

ZENBOOKやMacAirとか買うより安くて面白いマシンになったので大満足です。

(WiDiは特にお気に入りですよ)
  • 2013.07.08 07:23
  • URL |
  • ネットサーファー |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://hawawaawawa.blog58.fc2.com/tb.php/453-5b66be41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。